P真北斗無双3とP大工の源さん超韋駄天、スペック比較

スペック比較
 
2020年12月7日よりP真北斗無双3の設置が開始されました。説明の必要もない、北斗無双シリーズの最新機種です。

今回はそのスペックを「1種2種混合」として、RUSH時のスピード感に焦点を絞ったゲーム性となっています。もちろんライバルは、そのゲーム性からP大工の源さん超韋駄天、となるでしょう。

さっそくスペックを確認します。
スペックの比較表
※1の計算 (1-(5.17/6.17)^4)*87.5%+12.5%≒56.865・・・%
※2の計算 1-(5.17/6.17)^13≒89.9615・・・%

計算式

さて、上記スペックと共に㈱SUNTACのTRYSEMでの実際の運用データと加味してシミュレーションを組んでみました。(わたしの知識を基に計算したので間違いがあったらすみません)

※TRYSEM・・・独自のネットワークから吸い上げたP店横断の標準データを提供。
TRYSEM

<TRYSEMでの運用データ>※2020.12.7の週
BY 12.0
BA 80.0%
なおTRYSEMにおいて初週データでは客滞率が掲載されていないので、TS319機種の標準的な客滞率である135%で計算します。

TRYSEMデータ

・11.2割分岐でのおおよその分岐1,000円Sは19.7回
・平均継続回数は6.67回
・平均TYは4,420個

さて、もちろん遊技機の検定試験に合格している機種なので当然、「平均」で考えるならばその数値はいたって標準的です。

しかしやはり突破型のスペックなのでRUSH突入時の出玉性能に注目が集まることになります。

上記シミュレーションの右列にはRUSH突入時の数値を記載しています。
・RUSH突入時の継続回数 10.97回
・RUSH突入時の平均出玉 8,206個

たしかにRUSHに入った時には一撃性があることが分かります。

■ P超韋駄天とスペックを比較する

ここでライバル機と目されるP大工の源さん超韋駄天とスペック面、シミュレーション結果を比較してみましょう。

<参考> P大工の源さん超韋駄天 11.2割時のシミュレーション
※TRYSEMデータよりBY10.4、BA84.0%、客滞率133%

P超韋駄天

超韋駄天2

・平均TY、RUSH時獲得玉数はP北斗無双の方が多い
・突入率、継続率、継続回数はP超韋駄天の方が多い
・無双3は設計値が甘い分、P韋駄天の方が回せる

ということが分かります。

■ 実際の運用

㈱SUNTACのTRYSEMデータによるとこの1週間のおおよそのスタート回転数は5.2回前後のメンテナンスとなっているP北斗無双。しかしシミュレーションではこれでも利益率12%程度と甘い運用です。(11.2割分岐を想定)

「TYが高い=設計値が甘い」のでどうしてもこのくらいの回転数になってしまうのですが、同じようなゲーム性を持つP韋駄天と比較すると「回らない」というイメージを持ってしまいそうです。(P韋駄天の直近スタート回転数は5.5回程度、TRYSEMデータより)

機種の人気、稼働推移はスペックだけではなくそのゲーム性(リーチ、演出)及び設置台数も影響するので何とも言えませんが、スペック面の比較だけで考えればP韋駄天の方が長期運用ができそうな気がします。

■ 遊タイムの存在

しかしP真北斗無双3にはP韋駄天にはない機能が備わっています。そう、「遊タイム」です。
・通常時949回転消化で255回の時短、ほぼRUSHが確定する
というもので、この点で打ち始めの回転数次第ではP韋駄天よりも遊技意欲が駆り立てられそうです。

ただ、遊タイムを考慮するとP真北斗無双3は、
・実質のTSが上昇する
・期待平均TYが上昇する
ということでより一層甘くなるので更に回せなくなります。

<遊タイムを考慮したP北斗無双3の実質TSと実質TY>
(1) 遊タイムを考慮したTSの計算

① 949回転以内に当たる確率
1-(318.7/319.7)^949≒94.89%(0.948853・・・)

② 950回転に到達する確率
100%-94.89%=5.11%

③ 遊タイム中に当たる確率
1-(5.17/6.17)^255≒100%

④ 上記②と③より遊タイムに突入し、当たる確率
5.11%×100%=5.11%

⑤ 実質TS=(1-遊タイム当選確率))×TS
実質TS=(1-5.11%)×319.7≒303.36333・・・

以上より遊タイムで大当たりすることの影響を考慮した実質TSは約1/303.4

(2) 遊タイムでの獲得を考慮したTY

① ラッシュ突入率と特賞当選率 5.11%
② 通常の状態での特賞当選率 94.89%

①、②より、
8,206個×5.11%+4,418個×94.89%≒4,611.5668・・・

(3) 上記(1)(2)よりシミュレーション

<条件>
通常シミュ:S5.61、B28.82%、客滞率135%、TS319.7、TY4,418
遊タイム :S5.61、B28.82%、客滞率135%、TS303.4、YY4,612
※通常のシミュレーションで11.2割になるSで比較

■ 通常のシミュレーション
BO=319.7÷5.61×100≒5,699
Bサ=5,699×(100%-28.82%)≒4,057

売上玉=4,057÷135%≒3,005
差玉=4,057-4,418=▲361
割数=(3,005+361)÷3,005×10≒11.2割

■ 遊タイムを考慮したシミュレーション
BO=303.4÷5.61×100≒5,408
Bサ=5,408×(100%-28.82%)≒3,849

売上玉=3,849÷135%≒2,851
差玉=3,849-4,612=▲763
割数=(2,851+763)÷2,851×10≒12.7割

なお遊タイムを考慮したシミュレーションで11.2割にしようとすると、
・S 5.19回
・B 27.56%
となります。

■ 遊タイムを考慮するべきか

遊タイムに到達する割合は約5.1%、大当たりの約20回に1回です。
「計数管理を学ぶ」という意味では詳細に計算ができるに越したことはありませんが、現実的な店舗運用においては考慮しなくてよいと思います。
→正確な計算ができることではなく、「適切な営業ができること」が大事

実際に㈱SUNTACのTRYSEMデータ(全国の実績データ)からは、運用メンテナンス数値およびその結果の利益率、台粗利は遊タイムを考慮した「甘めの」シミュレーションよりも通常のシミュレーション数値に近いデータとなっています。
→S5.2前後、B28%前後で利益率約13.0%~14.0%

TRYSEMデータはこちらのページの最下部にあるお申込書FAXでご覧いただけます。ただいま30日間無料お試し中。

PDFはこちら → TRYSEMお試し申込書

=======================

【シミュレーション関係の記事】

基本シミュレーションの理解を深めたい方はこちら
P真・北斗無双3のシミュレーション構造(遊タイム考慮)の解説はこちら
遊タイム搭載機種の実質TS計算の解説はこちら
CR北斗無双(V-ST)シミュレーション構造の解説はこちら
P牙狼(V-ST)シミュレーション構造の解説はこちら
PA大工の源さん(2回ループ)シミュレーション構造の理解はこちら
P源さん韋駄天シミュレーション構造の理解はこちら
計数管理の基本と応用の理解を深めたい方はこちら
 
==================

■ 計数管理研修OnLine、第2期募集開始!

<日程>
・2021年3月31日(水)スタート、4月29日(木)まで
・5週連続開講、週2回(毎週水曜日と木曜日の2回開講)

<内容>
第1講 基礎編(1)遊技機の状態を表す計数項目
第2講 基礎編(2)店舗の営業状態を表す計数項目
第3講 基礎編(3)シミュレーションの構造
第4講 応用編 計数管理からわかること
第5講 実践編 実践に活用し稼働と利益を向上させる

<価格>
1.5講義全受講コース
 全講義(全5回)   35,000円(1講座7,000円、税抜)
2.単科受講
 基礎編のみ(全3回)  19,800円(1講座6,600円、税抜)
 応用編のみ(全1回)  9,800円(税抜)
 実践編のみ(全1回)  9,800円(税抜)

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.ab-c.jpn.com/online_keisuu.html

=======================


面白かった、と思った方はポチっとお願いします。


ビジネス・業界ランキング

【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。