新要件時代、変化を受け入れて行動を