新型コロナウイルス問題30 「過去にはもう、戻らない。『いま』に合わせた考え方を。

■ 「コロナの後」は当分来ない、「コロナと共に」生きる


 
「Afterコロナに向けて」ということが叫ばれていたのが遠い昔のように感じる20020年、8月。「After」は幻想で、すでに新聞テレビ等の報道は「Withコロナ、コロナと共生する社会をどう続けていくか」に変わっています。
 
新型コロナの感染拡大を抑えつつ経済を回していくことになるのです。
 

■ 無くても生活できることが分かってしまった


 
新型コロナの脅威が一気に広まったのは1月中旬の国内第一号感染発覚からでしょう。すでに半年以上が経過しています。この間、生活は大きく制限、変化がありました。目立つところでは外食機会、対面業務、移動などの減少です。
 
最初の頃こそ不便を感じていましたが、ここまでこの生活が続くと「これがないと!こうしないと!」と思っていたことが実は「しなくても、なくてもいけるね」と感じていると思います。
 
このままこの日常が続くと、そういった「なくても何とかなった」モノ、サービスが淘汰されていくと思います。社会変革の始まりを感じます。
 

■ 戻らない顧客を求めるな


 
パチンコも例外ではないと思います。「パチンコはなくても何とかなるな」と思われた方はもう戻らない、そう考えた思考、戦略、戦術を組み立てていかないといけないです。
 
6月あたりの「徐々に良くなっている」という手ごたえのあった期間、稼働をけん引していたのはスロット客を中心とした若年層でした。そのため、
 
・年配層は“密”を避ける心理があり、未だ戻っていない。
・今後はいかに年配層を戻すか、カギは安全と安心だ
 
という意見が多くありました。そして過剰ともいえる清掃、除菌その他の対応、施策をしてきました。
 
もちろんこの施策(清掃、除菌の徹底)はwithコロナ時代にはとても重要、必要なことです。
 
しかし、この施策によって年配層が戻ってきたか?と言えば答えはNOです。これらの施策はwithコロナ時代としては必須のことですが、これによって「戻ってくる」はないです。
 
今回来なくなった顧客はもう、戻ってきません。なぜなら「なくても平気」となってしまったからです。
 
「時代はもう、戻らない。過去と同じ状況になることはあり得ない。」、今の外部環境に合わせた取り組みが必要です。
 
今来ていない人はおそらく今後も来ない、それをスタート地点として「では、どうするか」を考えてほしいと思います。
 
そのための営業戦略、施策についての詳しい提案はこちらの記事をご覧ください。
・既存顧客を優先すべき理由
・市場シェアではなく、顧客シェア

=======================

最新のP業界お役立ち情報をいち早く確認するためにも、是非、当サイトをお気に入りやブックマークに登録をしておいて下さいね!

 

面白かった、と思った方はポチっとお願いします。


ビジネス・業界ランキング

友だち追加
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社の公式LINE誕生!
リアルタイムで情報発信、LINE公式だけの企画もあります。
ただいまお友だち追加で書籍「ジリ貧パチンコホール復活プロジェクトPDF版」をプレゼント中!

【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。