「考える」ことはとても大事です。



現状に不満がある、問題があると認識した時はなにかの手を打つはずです。パチンコ店としては、
 
・入替をする
・イベントをする(今は時代的に難しい面もありますが)
・調整を変える
 
などが考えられますね。というか、むしろ上記以外の手が思いつかないくらいありふれた施策です。
 
そして面白いことに業績の良い・悪いに関係なくどの店舗も“同じこと”をしています。そう、あの邪魔な(?)競合も、あの強い有名店も皆同じ施策をしているのです。でも得られる結果は雲泥の差。
 
「そりゃ、資金力だって違うし…」
 
いやいや、「カネがないならアタマを使え」ですよ!
 
ではカネ(資金力)以外で何が違うのでしょうか。それは、
 
・その施策を打つ理由を考えているか
・期待する効果を考えているか
・目指す未来の流れに沿っているか
 
という違いです。ひと言で言えば「ちゃんと考えているの?」ということです。
例として入替についての違いを確認してみましょう。

 

■ 根拠を基にすればやることが明確に


 

● A店の場合
 
・導入機種…自店の主要客層が好むタイプを選ぼう → ターゲットを考える
・導入時期…強い週にさらに伸ばすためにこの週にしよう → 機会を考える
・配置…似た機種をまとめた構成にしよう → お客様のわかりやすさを考える
 
● B店の場合
 
・導入機種…最新機種で話題機種を選ぼう → 自店の強み弱みを考慮しない
・導入時期…何が何でも最短納期にしよう → メーカー都合の販売時期で自社の都合ではない
・配置…撤去場所にそのまま配置が楽 → 組み合わせの相乗効果を考慮しない
 
A店ではまずはお客様のことを考えてそれに合致する入替をしようとしています。
 
いっぽうB店ではこちらのスケジュールや都合を優先しています。どちらの方がより支持されるかというのは一目瞭然ですね。
 
上記のA店の入替には以下の3つの考えがありました。
 
① 顧客動向を分析して反応の高い施策をしよう
② 強い週をより強くして他社を引き離そう
③ 客動線を意識して売上アップを図ろう
 
入替という一つの施策だけでも、「まずよく考えてから」を意識するだけで大きな差が生まれます。ここでいう「考えること」が一般的に言われている「戦略を立てる」というものです。そして①~③は次のような“戦略”だったといえます。
 
① STP戦略からの、ターゲット選別
② SWOT分析からの、強みと機会の活用
③ 棚割り戦略からの、配置による相乗効果の活用
 
※「STP」→セグメント、ターゲット、ポジショニングのこと
※「SWOT」→強み、弱み、機会、脅威のこと

 
このように何か施策を打つ前には必ず「理論的な裏付け=戦略」を考えることで、その施策の結果・効果はこれまで以上に高くなります。

 

■ 何のためにするのかを、まず、考える


 

また、この「戦略と戦術(施策)の関係」はドライブでの目的地への行き方で例えられます。ドライブで目的地に行くには次のような方法があります。
 
① 目的地の場所はわからないけど、まずは動く。
② 目的地を地図で確認して、ルートを決めてから出発する。
③ 目的地をナビにセットして、ルートを複数確認した中で最も合理的なルートを選んでから出発する。
 
上記で①は行き方を考えずに実行、②は動く前に考えてはいますが地図を広げて自分の考えだけで決定しています。
 
これに対して③は地図(自分の考え)だけでなく客観的な情報と案内(戦略)を効果的に活用しています。
 
「どれが一番効率的に目的地に到達できるか?」と言えばそれはもちろん③となるでしょう。
 
目的地=目指すべきゴールに向かう場合は、やみくもに動く前にまずは行き方を考える作業はとても重要なのです。
 
低業績に苦しんでいる店舗の一番大きな間違いは、「やみくもに動いてばかり」というものです。
 
・欲しい結果を得られる効率的、効果的な方法はなんなのか?
 
ということを先に考えてから行動することで、得られる効果はこれまでよりも大きなものとなることでしょう。

=======================

最新のP業界お役立ち情報をいち早く確認するためにも、是非、当サイトをお気に入りやブックマークに登録をしておいて下さいね!

 

面白かった、と思った方はポチっとお願いします。


ビジネス・業界ランキング

友だち追加
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社の公式LINE誕生!
リアルタイムで情報発信、LINE公式だけの企画もあります。
ただいまお友だち追加で書籍「ジリ貧パチンコホール復活プロジェクトPDF版」をプレゼント中!

【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。