新型コロナウイルス対応への、あるパチンコ店の取り組み

Author:林 秀樹 Hideki Hayashi
1972年生まれ、福井県出身。名城大学卒。遊技機販売商社勤務を経てパチンコ店経営企業へ。
エリア総括部長・調整技術部長などを歴任したのち、株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所入社。
2012年、40歳となったことを機に起業。細やかな機械整備技術と正確な計数管理力で、勘や経験に頼らない論理的なホール経営を提唱する。
計数管理とマーケティングに強みを持つ。お問い合わせはこちらから。


ビジネス・業界ランキング
 
「新型コロナウイルスとパチンコ店」の関連記事一覧はこちらから
新型コロナウイルス問題① パチンコ店への影響について
新型コロナウイルス問題② あるパチンコ店の取り組み
新型コロナウイルス問題③ ウイルス自体の不安から、社会経済への不安へ
新型コロナウイルス問題④ 「正しい知識を持つ」 人との接触を控える理由
【パチンコ日報寄稿⑤】新型コロナウイルスに関する政府系の支援について
【パチンコ日報寄稿⑦】またぞろ不勉強な業界批判記事が出始めている
新型コロナウイルス問題⑤ 新型コロナウイルスの危険性
 

日々、コロナウイルスに関する報道が過熱し、また経営、営業への影響が出始めています。
 
今回はあるパチンコ店での対応について、一例をご紹介いたします。
 
あるホールは所在する県での患者数増加傾向を感じた後、リスクに対応するために保健所にいろいろとアドバイスをいただき準備しました。
 
そして万が一スタッフ及び身近なところから感染者が発生した場合を想定しての対策を始めます。
 
これは保健所からの、
・濃厚接触した人が確認できるとありがたい
という話があったことで開始したことです。
 
はじめたことは「スタッフの移動履歴」の記録です。スタッフの移動履歴があると濃厚接触者がすぐに把握できるので、スタッフの体調管理も含めて、
 
・発熱、咳、喉の痛みの有無
・徹底した外出歴
 
を記録するようにしています。これはアルバイトやパートも含めて自店に関係する全員を対象にしています。
 
併せて休日の記録もこの問題が解決するまでは取るようにしています。
 
いちおう所定のフォーマットを作成していますが、それにこだわる必要なく記録をすることが大事です。

 

■ できることから始めよう



以下はシートに記している説明文です。
 

「このシートは、万が一コロナウイルスに感染したり、身近に感染者が発生した場合、感染拡大を迅速に防ぐために記録するものです。従って会社への提出は不要ですが重要なものです。熱っぽいと感じたときは検温して体温を記入、咳や喉の痛みが無い時は「×」を記入。(日々実施)」

 
「外出歴」は自分でわかるように、
 
・スーパーに買い物
・同行者
・○○訪問(施設名)
 
などの表記で時間も併せて記載してもらいます。濃厚接触した可能性のある人(場所)を確認できるようにするためです。
 
一旦3月いっぱい、休日も含めて記録をお願いしているそうです。

 

■ 社会的な損失拡大を起こさないために取り組む



社会的な損失を与えることは最小限に止めなければいけないです。
 
学校の休校等の対応は政府の取り組みですが、個々でのこうした啓蒙や取り組みの実施も必要だと思います。
 
大胆に且つ小心に準備する両面が大事だと思います。

 

 
 
友だち追加
 
リアルタイムで情報発信、LINE公式だけの企画もあります。
ただいまお友だち追加で書籍「ジリ貧パチンコホール復活プロジェクトPDF版」をプレゼント中!

 

ABC株式会社の【法人セミナー、研修】のご案内

 
「ABC株式会社」では単一企業様でのセミナー、研修を実施しております。
内容については法人様のご意向を踏まえてカスタマイズをさせていただきます。
 

■ 内 容

ご依頼いただきました会社様とのご相談にて決定させていただきます。
※基本の内容は「計数管理」、「業界動向」、「マーケティング」の内容が中心です。
「計数管理研修」は3~5回の連続開催を推奨いたします。
詳しい内容はこちらをご覧ください)
「業界動向セミナー」は随時必要なタイミングでの開催を推奨いたします。
 

■ 時 間

概ね4時間程度いただきます。(休憩時間を含みます)
 

■ 費 用

受講者様お一人様あたり「2万円(税別)、最大20万円(税別)」となります。
※11名様以上の場合、何名様のご受講でも20万円(税別)となります。
 

■ その他

交通諸経費を別途ご請求となります。
 

■ 過去開催内容

・計数管理研修 基礎編、応用編、実践編
・成功事例と失敗事例から見る戦略の有用性
・ぱちんこ経済学
・ぱちんこマーケティング
・現場の対策4つのできること
・低稼働から脱却するために
・業績アップのために考える事
・新規則機、6号機の扱い方
・リーダーシップと人材育成
・その他
 

■ お問い合わせ

弊社代表の「林 秀樹」までご連絡ください。
【メール】 hayashi@ab-c.jpn.com
【ウェブ】 https://www.ab-c.jpn.com/contact.html
【電 話】 (会社)06-4799-9444(携帯)090-8966-0057
 
 

「現状」に不満や疑問をお持ちの方、未来を変えたい方、クリック一つで未来が変わります。
 
面白かった、と思った方はポチっとお願いします。
    ↓

ビジネス・業界ランキング