計数の理解でできること(1)利益は同じまま、スタートを高める方法

■ スタートを上げて、利益を増やす

Author:林 秀樹 Hideki Hayashi
1972年生まれ、福井県出身。名城大学卒。遊技機販売商社勤務を経てパチンコ店経営企業へ。
エリア総括部長・調整技術部長などを歴任したのち、株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所入社。
2012年、40歳となったことを機に起業。細やかな機械整備技術と正確な計数管理力で、勘や経験に頼らない論理的なホール経営を提唱する。
計数管理とマーケティングに強みを持つ。お問い合わせはこちらから。


ビジネス・業界ランキング


日々の営業ではこれらのような疑問、悩みがあると思います。
このような悩み・問題は、実は計数管理の知識があれば的確な答えが導き出せます。
 
■ スタートを上げたいのに、利益目標があるので上げられない
現場としては「活気のあるホールにしたい、お客様に楽しんでいただきたい」という思いがあり、また自分自身もパチンコが好きなことから、
「もっと回さないと」
と思いがちです。
 
ただ、現実的には、お客様(自分自身)が満足できるような回転数ではお店の経営が成り立たないので、
 
「この回転数では楽しめないかもしれない」
 
と考えてしまうような回転数での営業となります。
 
しかし遊技機のメンテナンスはスタート回転数だけではないです。
ホールコンピュータの画面には計数項目がずらっと並んでいますが、その中でメンテナンスによって変更できる項目は4つあります。
 
・スタート回転数(アウト100個当たり回転数、1,000円当たりの回転数)
・他出玉払い出し数(他入賞への入賞個数)
・確変時の払い出し率(確変ベース)
・大当たりでのお客様の獲得玉数
 
スタート回転数は下げずにその他3つの項目の数値をコントロールすることで、利益を確保しつつ満足度の高いスタート回転数にすることは可能です。
一例を挙げると、
 
・他出玉 ▲1%
・確変ベース ▲5%
・大当たり獲得玉 ▲20個(※最大ラウンドでの獲得玉) 
 
にすることで、アウト100個当たりスタート回転数は最大で「+0.4回」にできます。
 
上記の計算(スタートがなぜ+0.4回になるのか)の理屈が理解できれば、
 
・回転数が今のままでいいなら、利益が増やせる
 
ことが分かると思います。
 
そこで一つ疑問が生まれます。それは、
・3つの項目を減らすと満足度が下がらないか
 
です。
 
この点は次回、お伝えいたします。


ビジネス・業界ランキング
 
 

業界一わかりやすい、パチンコ計数管理研修

計数管理の基礎から応用・実践展開までを集中研修で学んでいただくコースです。

〇各講義の所要時間は3時間を目安に行います。
〇毎回、前回実施分の確認テストを実施します。
〇最終講では全講義内容を基にした最終テストを実施します。

過去開催での受講後の感想(一部)はこちらでご覧いただけます。
 
内容、構成は以下のとおりです。
 
第1講 数字で分かること
・少数、分数、歩合、百分率
・割数と原価率、粗利益率の関係ほか
 
第2講 遊技機の管理指標とその意味
・差玉と出玉率、割数      
・S、B、BY、BA、TS、T1Yほか
 
第3講 営業状態の管理指標と意味
・Bサ、客滞率とシミュレーション
・割数、誤差玉、玉単、玉粗利ほか
 
第4講 利益と稼働の両立手法
・体感スタートとHCスタートの違い
・満足度を図る方程式「V=F÷C」ほか
 
第5講 シミュレーションと計画達成
・複雑なスペックのシミュレーション
・営業計画達成の必要十分条件 ほか
 
第6講 スロットの設定管理
・出玉率管理の論理的な考え方
・高設定の使用と利益確保の両立ほか
 

■ お問い合わせ

弊社代表の「林 秀樹」までご連絡ください。
【メール】 hayashi@ab-c.jpn.com
【ウェブ】 https://www.ab-c.jpn.com/contact.html
【電 話】 (会社)06-4799-9444(携帯)090-8966-0057