計数管理の理解でできること(1)利益は同じまま、スタートを高める方法

■ スタートを上げて、利益を増やす

Author:林 秀樹 Hideki Hayashi
1972年生まれ、福井県出身。名城大学卒。遊技機販売商社勤務を経てパチンコ店経営企業へ。
エリア総括部長・調整技術部長などを歴任したのち、株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所入社。
2012年、40歳となったことを機に起業。細やかな機械整備技術と正確な計数管理力で、勘や経験に頼らない論理的なホール経営を提唱する。
計数管理とマーケティングに強みを持つ。お問い合わせはこちらから。


ビジネス・業界ランキング


日々の営業ではこれらのような疑問、悩みがあると思います。
このような悩み・問題は、実は計数管理の知識があれば的確な答えが導き出せます。
 
■ スタートを上げたいのに、利益目標があるので上げられない
現場としては「活気のあるホールにしたい、お客様に楽しんでいただきたい」という思いがあり、また自分自身もパチンコが好きなことから、
「もっと回さないと」
と思いがちです。
 
ただ、現実的には、お客様(自分自身)が満足できるような回転数ではお店の経営が成り立たないので、
 
「この回転数では楽しめないかもしれない」
 
と考えてしまうような回転数での営業となります。
 
しかし遊技機のメンテナンスはスタート回転数だけではないです。
ホールコンピュータの画面には計数項目がずらっと並んでいますが、その中でメンテナンスによって変更できる項目は4つあります。
 
・スタート回転数(アウト100個当たり回転数、1,000円当たりの回転数)
・他出玉払い出し数(他入賞への入賞個数)
・確変時の払い出し率(確変ベース)
・大当たりでのお客様の獲得玉数
 
スタート回転数は下げずにその他3つの項目の数値をコントロールすることで、利益を確保しつつ満足度の高いスタート回転数にすることは可能です。
一例を挙げると、
 
・他出玉 ▲1%
・確変ベース ▲5%
・大当たり獲得玉 ▲20個(※最大ラウンドでの獲得玉) 
 
にすることで、アウト100個当たりスタート回転数は最大で「+0.4回」にできます。
 
上記の計算(スタートがなぜ+0.4回になるのか)の理屈が理解できれば、
 
・回転数が今のままでいいなら、利益が増やせる
 
ことが分かると思います。
 
そこで一つ疑問が生まれます。それは、
・3つの項目を減らすと満足度が下がらないか
 
です。
 
この点は次回、お伝えいたします。

=======================

最新のP業界お役立ち情報をいち早く確認するためにも、是非、当サイトをお気に入りやブックマークに登録をしておいて下さいね!

 

面白かった、と思った方はポチっとお願いします。


ビジネス・業界ランキング

友だち追加
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社の公式LINE誕生!
リアルタイムで情報発信、LINE公式だけの企画もあります。
ただいまお友だち追加で書籍「ジリ貧パチンコホール復活プロジェクトPDF版」をプレゼント中!

【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。