企業は倒産に向かって進んでいる

「企業は常に、倒産する方向に向かって進んでいる」

これは株式会社ファンケルの創業者である池森賢二氏が、ある講演でおっしゃった言葉です。
まさにその通りだと思います。

毎日の変化は見過ごしてしまうほど小さなものですが、何も行動を起こさないでいると、徐々に、知らないうちに業績は下降していきます。「このまま」はあり得ないのです。

私はよくセミナーで、
「時間は常に経過しているのだから、立ち止まった時点で遅れています。時代と同じスピードで前に進んで初めて”現状維持”ですよ。」
という話をします。

■ 現状に常に疑問を持つ

私の言葉は「立ち止まっても自身の立ち位置は変わらない、でも環境は変わっていく」ということ伝えているのですが、池森氏は「そもそも立ち止まる場所はなく、常に最悪の方向に向かって進み続けるもの」だと言っています。

池森氏の言葉は私の言葉よりもさらに「世の中は厳しい」ことを伝えていると思います。

ではどうすればいいのか。
池森氏は、
・常に考えること(エネルギーを持つこと)
を一番に挙げていました。そうして常に軌道修正を図っていったそうです。
(池森氏は常に「現状に”不”がないか」という視点で考えていたそうです)

考えることで必ず自身の行動が変わり、目の前のチャンスに気づき、閃くといいます。「カネはなくとも考えることはできる」のです。

日々の行動の積み重ねだけが、現状を打破する源です。

=======================

最新のP業界お役立ち情報をいち早く確認するためにも、是非、当サイトをお気に入りやブックマークに登録をしておいて下さいね!

 

面白かった、と思った方はポチっとお願いします。


ビジネス・業界ランキング

友だち追加
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社の公式LINE誕生!
リアルタイムで情報発信、LINE公式だけの企画もあります。
ただいまお友だち追加で書籍「ジリ貧パチンコホール復活プロジェクトPDF版」をプレゼント中!

【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。