「社風」を考える。

■ 社風とは

Author:林 秀樹 Hideki Hayashi
1972年生まれ、福井県出身。名城大学卒。遊技機販売商社勤務を経てパチンコ店経営企業へ。
エリア総括部長・調整技術部長などを歴任したのち、株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所入社。
2012年、40歳となったことを機に起業。細やかな機械整備技術と正確な計数管理力で、勘や経験に頼らない論理的なホール経営を提唱する。
計数管理とマーケティングに強みを持つ。お問い合わせはこちらから。


ビジネス・業界ランキング
カテゴリ:仕事への取り組み方


「社風」とは社内の雰囲気、空気のことです。
 
一般的に各家庭には独特の「匂い」というものがありますが、これは家族にはわからなくても他人の家に行くと感じるはずです。
 
これと同じように自社の雰囲気や空気は実はわかりにくいものですが、それは確実に存在しています。

 

■ 人はルールに従わない、空気に従うもの



この「社風」はとても重要です。なぜなら、人はルール化された就業規則よりも明文化されていない雰囲気=社風に従う傾向があるからです。
 
そしてこの社風、良くも悪くもそのどちらにも従うものなので、良い社風であればいいですが悪い社風の場合は問題となってしまいます。
 
そこで会社は規則(ルール)を多く設けて社風を良い状態にしようとするのですが、これは「皆ができない、しない」からルール化していると言えます。
 
つまり逆説的ではありますが「ダメな社風だからこそルールが必要となる」のであり、会社全体がその社風に染まってしまっていることを示しています。(だからルールで縛る、と言えます) 

 

■ 良い社風が良い会社、良い業績をつくる



企業の成長を促進するものが企業文化であり、社風です。「悪貨は良貨を駆逐する」ということわざがありますが、ドトールコーヒーの社内では「これは逆だ」としているそうです。
 
良い社風を作る努力で必ず良い社風はできあがるものであり、良い業績につながると思います。

 
=======================

 

面白かった、と思った方はポチっとお願いします。


ビジネス・業界ランキング

友だち追加
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社の公式LINE誕生!
リアルタイムで情報発信、LINE公式だけの企画もあります。
ただいまお友だち追加で書籍「ジリ貧パチンコホール復活プロジェクトPDF版」をプレゼント中!