【バカげた理由】動かない理由に意味はない

■ 今すぐ動けば、まだ間に合う

 動かない理由 

6月がもうすぐ終わります。今年は入替自粛があり5月の特に後半は非常に厳しい数字ばかりでした。そしてその流れは6月に入っても変わることはなく、相変わらず低空飛行が続いています。
 
それでも6月に入りしっかりと集客してまずまずの数字を残しているおみせもあります。。そういったお店と低空飛行のお店、その違いの原因は何なのか、を今回は考えたいと思います。
 
「あの店は海がしっかりとついているし、MAX機もまずまずの客付きだから。そういったお店は強い。」
 
低空飛行のお店としてはついこのように考えてしまいがちです。しかし上記の言葉、「メイン機種の客付きがいい」というそれは単なる「結果、事象」です。表面に現れている結果の「要因」は何か、「なぜそうなのか、自分たちはどうしたらいいのか」を考えなければこの先も同じことが続くでしょう。
 
「海、MAXの客付きがいい」という現在の状況は、今いきなり出来上がったものではないはずです。それまでに様々な努力をしているからこそこういった結果を得られています。販促、調整、打ち出し方などお客様へのアプローチを繰り返していって積み上げた結果なのです。
 
「海やMAXで同じように客がついてくればウチも良くなる。」
 
このような考えも間違いです。「ついてくれば」ではなく「つける」のです。振り返ってみてください。大多数のお店では「ウチは海が(MAXが)弱い」と嘆いています。
 
そしてその言葉は3年前(もっと言えば5年前、10年前)から同じことを言っていませんか?いつも、いつも同じことを言って時間だけが過ぎて行っています。
 
海やMAXが強いホールはそういった思考を断ち切って、「よし、やるぞ!」と決めて徹底的にやりきったからこそ結果を得ています。途中であきらめることなく。
 
今動かないと、1年後(もっと言えば3年後も)同じことを言っているでしょう。そしてその時に思うことは「3年前に動いていれば今頃は~」です。
 
未来を変えるためには、まず動くことです。決して遅くはありません。今すぐに動いて、3年後に結果を勝ち取りましょう!

 
=======================

最新のP業界お役立ち情報をいち早く確認するためにも、是非、当サイトをお気に入りやブックマークに登録をしておいて下さいね!

 

面白かった、と思った方はポチっとお願いします。


ビジネス・業界ランキング

友だち追加
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社の公式LINE誕生!
リアルタイムで情報発信、LINE公式だけの企画もあります。
ただいまお友だち追加で書籍「ジリ貧パチンコホール復活プロジェクトPDF版」をプレゼント中!

【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。