ABC林の雑感

ABC林 の日々雑感
 ABC林 の雑感

日々フッと感じたこと、仕事に役立ちそうなこと、雑学、その他雑多なことを毎週月曜日と金曜日の2回、徒然と500字程度の短編コラム形式でアップしていきます。

■ お金は手段

「拙速」という言葉があります。

拙速の「拙」はつたない、まずい、劣っているという意味であり「速」は速いという意味ですが、この言葉はどちらに重きを置くかで意味が変わります。

「拙」に重きを置くと「速くても拙かったらいけないよね」となり、「速」に重きを置くと「少々拙くてもスピード感が大事だ」という意味になります。

この「拙速」、多くのビジネスシーンではどちらかというとネガティブワードとして定着していると思います。

「拙」に重きを置いたニュアンスですね。

しかし私はポジティブなニュアンスを支持します。

理由は孫子の兵法に出てくる「兵は拙速を尊ぶ」という言葉から。

作戦篇に登場する「兵は拙速を聞く、未だ功の久しきを覩(み)ざるなり」という一文のことで「戦いを長引かせて成功に導いた例は、未だない」となり、現代語的に意訳するならば「多少の準備不足があっても機会を捉えたら逃さずに行動に移し、素早く結果の判断するべき」となります。

悩む時間があるなら決断する。

アメリカの思考トレンドであるOODAループも、中国の思考トレンドであるDCAPもこれと同じことを言っています。

即断即決、時間をフルに活用するには「悩む」ではなく「決める」です。 

(了)

■ 利益と稼働を両立する考え方


-稼働を上げるには、出さなければいけない
-利益を上げるには、シメなけれないけない

この思考は間違っています。
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社では一貫して「利益を増やせば、稼働は伸びる」とお伝えしています。

なぜそう言えるのか?
その答えはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.ab-c.jpn.com/8655

より詳しい解説は下記のバナーをクリックしてください。
↓ ↓ ↓
ABCのコンサルティング
 


ビジネス・業界ランキング

この問題解けますか?

計数管理を理解することで能動的に数字を扱えます。

業績を向上させる計数管理の実践研修、案内はこちらです。
→ https://www.ab-c.jpn.com/keisu_kensyu.html

解答ご希望の方は下記ボタンクリックで「問題②の解答希望」とメールをください。
PAGE TOP