ABC林 の日々雑感
 ABC林 の雑感

日々フッと感じたこと、仕事に役立ちそうなこと、雑学、その他雑多なことを徒然と、500字程度の短編コラム形式でアップしていきます。

■ 自分の目指す方向へ進む

大阪府東大阪市は東京都大田区と並び「ニッポンのモノづくり拠点」と言われるくらい中小製造業が密集しています。

そしてその技術は「技術立国ニッポンの象徴」とも呼ばれます。

しかし東大阪市の中小製造業はそのほとんどが大手企業の下請けです。

当然最終製品事業に比べて下請け事業はその利益率も低く、また生産数も元請けの意向に左右されます。

できればどの企業も下請けからの脱却、最終製品のメーカーになりたいと思うでしょう。

「他社の意向」ではなく「自社の意向での事業」です。

この図式、実は製造業に限った話ではなくサービス業、パチンコ店も同じです。

「製造業における元請け」はサービス業においては「顧客」と置き換えます。

「顧客の意向に沿った営業」、この旗印を掲げて自店の足元がいつもグラグラ揺れていませんか?

イノベーションの一つに「顧客を変える」があります。

過度に顧客のことを意識しすぎて自社の強み、良い部分を消すような戦略・戦術になるのではなく、まず考えることは「自社の目指すこと」。

元請けの意向で動くのではなく自社の意向で動くこともまた正しい戦略です。

(了)

■ 利益と稼働を両立する考え方


-稼働を上げるには、出さなければいけない
-利益を上げるには、シメなけれないけない

この思考は間違っています。
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社では一貫して「利益を増やせば、稼働は伸びる」とお伝えしています。

なぜそう言えるのか?
その答えはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.ab-c.jpn.com/8655

より詳しい解説は下記のバナーをクリックしてください。
↓ ↓ ↓
ABCのコンサルティング
 


ビジネス・業界ランキング

稼働と利益を両立させる思考と行動

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。

PAGE TOP