新聞の全面広告、ハウマッチ?SANKYOさんの広告で考えた

2021年6月2日の読売新聞朝刊に㈱ SANKYO の新機種「フィーバー機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」の全面広告が入りました。
Fガンダムユニコーン SANKYO 新聞広告(撮影:林、自宅の新聞をスマホで)

SANKYOさんの気合が見えますね!

ところでちょっとやぼったい話ですが、

「全国紙の全面広告って、お値段ハウマッチ?」

気になりませんか?

ということで調べました。
(`・ω・´)

と言ってもお手軽にネットでGoogle先生に「新聞 全面広告 料金」と入力して、
エンターキーを強打
読売新聞
全国紙 全ページ(38.2㎝×51.4㎝)
一日(1回)あたり
47,910,000円
読売新聞広告料金
(;つД⊂)ゴシゴシ

(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ

(  д )

(; Д ) !!

(゚Д゚)え?

4,791万円。

Σ(・□・;)

出典:廣告社株式會社、広告ダイレクト

まあ代理店によって多少の違いはあると思いますが。

2万台販売だとして(知らんけど)、台あたり2,396円。

あ、そんなもんか。

でもこれが一般紙、天下の読売新聞の朝刊ですからその宣伝効果はかなり大きいですし、メーカーさんがホールさんのために打ってくれる広告です。

メーカーさんはBtoB業種。でも特に最近言われているのが「BtoBtoCを意識せよ」ですから、メーカーさんが「C=一般ユーザー」に向けた広告を展開してくれるのはありがたいですね。

【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。