パチンコ店のコンサルタントというお仕事

パチンコ店のコンサルタントというお仕事

Author:林 秀樹 Hideki Hayashi
1972年生まれ、福井県出身。名城大学卒。遊技機販売商社勤務を経てパチンコ店経営企業へ。
エリア総括部長・調整技術部長などを歴任したのち、株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所入社。
2012年、40歳となったことを機に起業。細やかな機械整備技術と正確な計数管理力で、勘や経験に頼らない論理的なホール経営を提唱する。
計数管理とマーケティングに強みを持つ。お問い合わせはこちらから。
フォロワー2,220名、Twitterアカウントはこちら 林ひでき@ぱちんこコンサルのTwitter


ビジネス・業界ランキング
※この記事は2019年11月16日にパチンコ日報に寄稿したコラムの加筆修正です。
 

■ コンサルが目立つのはおかしなこと

パチンコ店のコンサルタントというお仕事

 
「コンサルタント」、この単語にどういったイメージをお持ちでしょうか。
 
先生?
 
指導者?
 
物知り?
 
このようなイメージを持っているとしたら、それは誤りです。
 
コンサルタントは「企業に問題の解決策を助言しその発展を助ける専門家、相談役」です。
 
お店の主人公はお店の人、コンサルタントはその”サブ”、裏方です。
 
しかし、ほとんどのお店が冒頭のようなイメージを持ったままコンサルタントと接していることで、効果的にコンサルタントを”使う”ことが出来ていないように思えます。
 
なぜそうなるかというと、パチンコ業界では良くも悪くもコンサル(あえて“コンサル”とします)さんが目立つ業界だからだと思います。
 
一般の業界には一部に有名なトップコンサルタントという方がいますが、例えば素晴らしい業績を上げたときに注目を浴びるのはその企業の経営者やプロジェクトの責任者です。
 
当然彼らの傍らにはブレーンとしてコンサルタントがいるのですが、概して表には出ません。
 
それに対してパチンコ業界では、業績の回復や向上が見られたときに注目を集めるのは、店長や経営者ではなくアドバイスをした(だけで、実際に実務をしたわけではない)コンサルさんの場合が多いです。
 
でも、それは果たして正しいことなのでしょうかね?
 

■ 本当に必要なコンサルティングは、「助言」


 
「先生、指導者」という立場でプロジェクトにかかわると、結局そのコンサルさんがいないと意思決定ができない状態になることもあります。
 
「常駐型コンサル」というような、「それはもう、店長でしょ!」というような形態もあったりして、本来なすべき「お店の成長」が阻害される一因にもなるでしょう。
 
コンサルさんが注目を浴びる状況、ちょっと歪だと思います。
 
今のパチンコ業界のコンサル、何となく昔の「クギ師」のような存在とダブります。
 
私がパチンコ業界に入りたての頃にはまだ、ハンマー片手にお店を渡り歩くクギ師と呼ばれる敏腕(?)店長がいて、彼らはオーナーの求める日々の割数、利益をその技術で実現することができ、より高給を求めてお店を渡り歩いていました。
 
時代は変わり、今はクギの腕ではなく集客の施策が“技術”になったということです。
 
「貧しているいるものに魚を与えてはならない。釣竿を与えて釣り方を教えよ」
 
よく言われる一節です。
 
私の力で集客をして差し上げましょう、というのはまさに「魚を与える」ことだと思います。
 
本当に必要なのは、集客の仕方、その根拠、ベースを助言することだと思います。

 
=======================

最新のP業界お役立ち情報をいち早く確認するためにも、是非、当サイトをお気に入りやブックマークに登録をしておいて下さいね!

 

面白かった、と思った方はポチっとお願いします。


ビジネス・業界ランキング

友だち追加
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社の公式LINE誕生!
リアルタイムで情報発信、LINE公式だけの企画もあります。
ただいまお友だち追加で書籍「ジリ貧パチンコホール復活プロジェクトPDF版」をプレゼント中!

【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。