本当の”強み”とは

本当の強みを考える

Author:林 秀樹 Hideki Hayashi
1972年生まれ、福井県出身。名城大学卒。遊技機販売商社勤務を経てパチンコ店経営企業へ。
エリア総括部長・調整技術部長などを歴任したのち、株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所入社。
2012年、40歳となったことを機に起業。細やかな機械整備技術と正確な計数管理力で、勘や経験に頼らない論理的なホール経営を提唱する。
計数管理とマーケティングに強みを持つ。お問い合わせはこちらから。


ビジネス・業界ランキング
カテゴリ:営業戦略


「人類はなぜ地球を制覇するほどの発展をしたのか。」
 
人類よりも大きく、強い生物はたくさんいました。むしろ「最貧弱」ともいえる生物だったはずです。しかし生き残ったのは人類でした。
ここにこそ人類最大の強みがありました。つまり、
・自分が弱い存在だ、と知っていること
が強みであり、だからこそ危険を避け、工夫や改善をすることで生き残ってこられたのです。

■ 「弱みを認識できる」こと、そして「考えることができる」ことが最大の強み



有名な環境分析に「SWOT分析」というものがあります。
 S・・・Strength「強み」
 W・・・Weakness「弱み」
 O・・・Opportunity「機会」
 T・・・Threat「脅威」
これらを組み合わせて最適な方向性を導き出す手法。
 
SWOT分析においては「S×O」、すなわち「自社の良い部分(強み)を、良いタイミング(機会)に使う」ことが最良の方向性だとされています。
しかしもしも自社が弱い存在だと、なかなか「強み」が見つからないことも多いと思います。
 
そういったときには「弱み」に注目するとよいでしょう。
「弱み」をしっかりと認識するという事は冒頭の人類の話になぞらえれば、
・弱みを適切に認識できれば、克服のチャンスになる
からです。
 
① 自社の”弱み”は何なのか
② 保有している能力は何があるか
③ 改善するためには何を、どうすればいいか
 
SWOT分析で強みが少なく弱みばかりが挙がったとしても悲観することはないです。
「弱みを認識できる」こと、そして「考えることができる」ことが最大の強みなのです。
 
「どうすれば、できるか(改善できるか)」
 
できない理由は一切必要なく、ただ「どうすればいいか」だけを考えることで、必ず道は開けます。
・弱みを認識できるという”強み”
・考えることが出来るという”強み”

この2つの強みを最大限に活用していきましょう。

 
=======================

 

面白かった、と思った方はポチっとお願いします。


ビジネス・業界ランキング

友だち追加
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社の公式LINE誕生!
リアルタイムで情報発信、LINE公式だけの企画もあります。
ただいまお友だち追加で書籍「ジリ貧パチンコホール復活プロジェクトPDF版」をプレゼント中!