【ABC林の日々雑感】Vol.4 努力が結果につながらないワケ

ABC林 の日々雑感
 ABC林 の雑感

日々フッと感じたこと、仕事に役立ちそうなこと、雑学、その他雑多なことを徒然と、500字程度の短編コラム形式でアップしていきます。

■ 努力が結果につながらないワケ

今、アマゾンのジャングルで隣町までの道を作るべく森を伐採しているとしましょう。

力はあります。

道具もあります。

そして「隣町までの道を作るぞ!」という情熱もあったので、どんどん木をなぎ倒して道を作っていきます。

ところがあるとき、ほんのちょっと目指すべき隣町と違う方向へ進んでしまいました。

「おかしい、そろそろ森を抜け出るはずなのにまだ見えない…」

途中「何かおかしいな」と思いながらも「間違ったことはしていないはず」と考えて全力で進んだおかげで、なんとか森を抜け出ることができました。

しかしそこは当初計画していた町とは全く違う場所でした。

「これであっている」という思い込みで努力をした結果、自身が思い描いた未来に到達できなかったのです。

業績が芳しくないホールであってもそこの店長がサボっていたということは少ないです。

むしろ持てる知識や経験をフル活用して状況を改善すべく日々努力を重ねていたものです。

でも、結果が得られない。その大きな原因は、「間違った方向なのに、全力で努力したから」なのです。

まずすべきことは「今を変えること」。

頑張るのではなく、変えるのです。

(了)

■ 利益と稼働を両立する考え方


-稼働を上げるには、出さなければいけない
-利益を上げるには、シメなけれないけない

この思考は間違っています。
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社では一貫して「利益を増やせば、稼働は伸びる」とお伝えしています。

なぜそう言えるのか?
その答えはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.ab-c.jpn.com/8655

より詳しい解説は下記のバナーをクリックしてください。
↓ ↓ ↓
ABCのコンサルティング
 


ビジネス・業界ランキング

【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。