【コンサルティングの現場より Vol.4】「質より量という転換」

毎週水曜日更新、「 コンサルティングの現場 より 」
 コンサルティングの現場 より

ABC㈱林が日々支援先を訪問してお伝えしていることや課題、問題とその解決などを2~3分で読めるように短いコラムでまとめています。
このコラムは毎週水曜日に更新します。

皆さん、こんにちは。アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社の林です。
これまでの3回は遊技機メンテナンスのお話をしてきました。

今回からは私が全国のホールさんでの営業支援で実際にあった事例をお話ししていきます。

もちろん立地も違えば置かれた立場も違いますが、一つの事例として「こんな取り組みをしたところがあるんだな」と参考にしてもらえればと思います。

今回のモデルケースは、「粗利益が少ないから機械代予算がかけられず、だから業績が上がらずに細かい入替を繰り返す~」という悪循環を断ち切ったケースです。

■ 新台にそれほど効果はありますか?

とある近畿地方のお店のお話です。
この店舗の悩みは、「機械代が決して多くはないので思い切った入替ができない」ことでした。

そのために集客力も現状維持が精いっぱいで、粗利益も増えず、だから機械代もかけられないという悪循環です。

この店舗でまず取り組んだことは「機械代の削減」でした。

「削減」といっても予算の減額ではなく、月々の予算を少しずつプールしていったのです。

そして「ここぞ!」というタイミングにまとめて一気に導入を図る戦術です。

とはいってもいきなり購入を抑えたりしたらやはり日々の営業に不安がありますよね?たとえばこの店舗の4円パチンコの稼働は5,000発前後でした。

これを何とか入替をしながら維持してきたわけですが、毎回、その時々の話題機種を追いかけ、でも予算がないから台数が少なく且つ導入は近隣大手よりも2週くらい遅れることの繰り返しだったのです。

これではせっかくの入替も効果が出にくいでしょう。そこで発想の転換をしてもらいました。

「現状が5,000発なのだから、新台は6,000発動けばよいと考えればいいではないか」

話題機種を新台で購入してもそもそも納期が遅いので自店導入時にはそれなりに稼働も落ち着いています。

それでも新台なので価格は50万円前後。もったいない話です。これを「6,000発動けばいい」と切り替えて中古機活用をメインとすれば同じ予算額でもより多くの機械が導入できます。中古機なので新台1台の金額で2台程度購入できますよね。

これで一回の入替による機種数、台数を多くし、とにかく「質より量」で進めていきました。

その後も入替予算を削減しながら資金をプールし、12月のタイミングで大規模な「新台中心の入替」をすることでお客様の関心を一気に引き寄せました。

また戦術としては徐々に導入機種への期待稼働レベルを上げていき(6,000発→7,000発→8,000発など)、現在は稼働が上がったことで粗利を増やして機械代予算も増額できて良い循環に入っています。

■ 勢い重視、モノに頼らず

今回の戦術は「孫子の兵法」の戦略をベースとしたものでした。

まずは、
「勢に求めて人に求めず。」(兵勢編)
という教えです。

「個人個人の能力に頼らずに集団としての力を発揮させるべき」ということで、「遊技機に頼らずに、その時の勢いを重視すべし」と解釈しました。

勢いは「機種数、台数」と捉えました。

続いて、
「鷲鳥(しちょう)の撃ちて毀折(きせつ)に至る者は節なり。」(兵勢編)
という一節があります。

「猛禽類が川の魚を捕れるのは一瞬のタイミングを計っているからだ」という教えです。

つまり物事を成し遂げかったら「ここぞ!」という機会、チャンス、タイミングに合わせる必要があるということです。

「月々の入替予算を減らしてプールし、あるタイミングで一気に大きく出る」というのは誰でも考えたことがあるでしょう。

しかしよく聞く手法は「減額しても、中身はこれまでの入替を縮小したやり方」でした。

今回のポイントは「遊技機の質に頼らずに量(機種数、台数)で勢いを作る」という点です。

業績の向上はほんのちょっとのアタマの切り替えからですよ!

コンサルティングの現場より

■ 利益と稼働を両立する考え方


-稼働を上げるには、出さなければいけない
-利益を上げるには、シメなけれないけない

この思考は間違っています。
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社では一貫して「利益を増やせば、稼働は伸びる」とお伝えしています。

なぜそう言えるのか?
その答えはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.ab-c.jpn.com/8655

より詳しい解説は下記のバナーをクリックしてください。
↓ ↓ ↓
ABCのコンサルティング
 


ビジネス・業界ランキング

【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。