「寒い冬に換気は厳しい!だからこそオゾンでウイルス不活性化」

新型コロナウイルス、第3波

冬の季節となり新型コロナウイルスの第3波到来と叫ばれています。

<新型コロナウイルス全国の感染者数グラフ>
新型コロナウイルス全国の感染者数グラフ東洋経済オンライン「新型コロナウイルス国内感染の状況」より)

新聞、テレビ等では政府の施策であるGoToキャンペーン(トラベル、イート)がその要因ともされるような報道が目立ちますが、私は昨年の11月から急速に増えてきた現状、GoToだけでなく「冬、到来」の方がその要因として大きな比重ではないか、と考えています。

地域にも寄りますが一般的に「冬」は、
・乾燥する
・気温が低い
という環境となります。このような環境ではそもそもインフルエンザウイルスやこれまでに把握できているコロナウイルス(今回の新型ではないコロナウイルス)も活性化することが分かっています。

◆冬の感染症が多いわけ

1つはウイルスの感染力が強くなるから。冬の乾燥と低い気温がウイルスが好む環境であり、感染力が強まることがあげられます。

ウイルスが好む環境は16℃以下、湿度は40%以下。

冬は乾燥が強いのを実感される方も多いと思いますが温湿度計を設置し、エアコン、加湿系など使って室内の環境をしっかり保つようにしましょう。

2つめは免疫力が低下してしまうこと。食事や睡眠などの体調管理だけでなく、冬の寒さや乾燥していること、体の水分が不足していることも免疫力の低下につながります。

乾燥していると喉や鼻の粘膜が乾燥し、感染に対する防御反応が弱まってしまいます。さらに、冬は喉が渇きにくく感じるため、気づかないうちに体が水分不足に陥ってしまうことも防御反応を弱めてしまいます。

加湿器の使用、あとはしっかり水分を摂ることを意識するようにしてください。

なぜ冬に感染症は多くなるの? ~感染症と効果的な対策とは~

 
このような環境ゆえに、気温が低下しだした11月からの急激な感染者増につながっていると思います。

■ 対策は換気

新型コロナウイルスは、その感染拡大状況から非常に身近にあると考えるべきです。人が生活する以上他人との接触は避けられないので、どうしても(感染していなくとも)自分の衣服や手などにウイルスは付着してしまいます。そしてそのままオフィスに帰ったり家に帰ったりすることでの感染が懸念される状況が考えられるので、オフィスや自宅では定期的な換気を行って空気の対流をつくり、ウイルスを外に出してしまおうとするわけです。

しかし夏場はそれもできましたが寒さの厳しい冬はまた別問題です。冬に換気をする、というのはなかなか難しいのではないでしょうか。

■ 低濃度オゾンの有効性

そんな中、藤田医科大学が活気的な実験結果を公表しました。低濃度オゾン水が新型コロナウイルスを不活化させることを確認したというものです。

藤田医科大学(愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98)の村田貴之教授(ウイルス・寄生虫学)は、手指消毒等に安全に使用できる低濃度のオゾン水による新型コロナウイルスの不活化を確認しました。

世界初 低濃度オゾン水による 新型コロナウイルス不活化を確認

 
元々オゾンがウイルスを不活性化させることは知られていました。
今回の研究結果で注目されるのは、
・人体に害のない低濃度でウイルスを不活性化できる
・新型コロナウイルスにもその効果を確認できた
ということです。

この確認により、仮に空間内で空気中に漂う新型コロナウイルスがあったとしても、そのウイルスを不活性化させることが可能となりました。

■ 低濃度オゾン発生器を製品化


この発見を製品化したのが㈱タムラテコ製の「BT-180H」です。

この世でただ一つの、ただ一つだけのオゾン空気清浄機。
PM2.5までも99.5%除去し、オゾンでエアロゾル化した菌やウイルスを除菌。
いつでも、クリーンな室内環境をこれ一台で。
(BT-180H、カタログより)

 
この画期的な発見とそれを製品化したことにより、寒さの厳しい冬場に窓を開けての換気をせずともに室内の新型コロナウイルスを含むすべてのウイルス、菌の除去に対応できます。

BT-180Hは現在、特に医療の現場で活躍しています。
しかしこの性能は一般のオフィス、事務所、またパチンコホール内でも活躍することは想像に難くないでしょう。

新型コロナウイルスのワクチン接種はまだ先であること、ワクチン接種後もこれから先は常に注意が必要な社会となります。
今すべきことは感染しないこと、感染させないこと。そのためにもこのBT-180Hの設置でクリーンな環境を創出し安心を得ることを考えてみてはいかがでしょうか。

特に医療機関、事務所等で人気のこの商品、ABC㈱でもお取り扱いしています。
納期は通常1か月待ちですが、ABC㈱にお問い合わせいただけると最短で5営業日です。

お問い合わせはこちらから。

    BT-180Hの詳細

    お問い合わせBT-180H

    【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

    ・稼働を上げようとすると利益が減る
    ・利益を上げようとすると稼働が下がる

    こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

    必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。