業界誌PiDEA WEB Vol.262「生き残るための決断をする」

生き残るための決断をする

Author:林 秀樹 Hideki Hayashi
1972年生まれ、福井県出身。名城大学卒。遊技機販売商社勤務を経てパチンコ店経営企業へ。
エリア総括部長・調整技術部長などを歴任したのち、株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所入社。
2012年、40歳となったことを機に起業。細やかな機械整備技術と正確な計数管理力で、勘や経験に頼らない論理的なホール経営を提唱する。
計数管理とマーケティングに強みを持つ。お問い合わせはこちらから。


ビジネス・業界ランキング

業界誌PiDEA WEB Vol.262「生き残るための決断をする」がアップされました。
 
<本文抜粋>

いったい、このような状況をだれが予測できていたでしょうか。間違いなく今は「有事」です。誰もが経験したことのない状況では、何が正しくて何が間違いなのかの判断はできません。

しかし、どのような選択を取ろうとも目的は同じのはずです。つまり「企業の永続」です。

「この先も企業が生き残るという目的のために、どうするか」

大きくは営業継続か、休業かの判断になると思います。どちらの決断も目的は同じ。決断をしたら、その決断が成功するように動かないといけないです。
(以下PiDEA WEB
https://www.pidea.jp/articles/1587602867
=======================

最新のP業界お役立ち情報をいち早く確認するためにも、是非、当サイトをお気に入りやブックマークに登録をしておいて下さいね!

 

面白かった、と思った方はポチっとお願いします。


ビジネス・業界ランキング

友だち追加
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社の公式LINE誕生!
リアルタイムで情報発信、LINE公式だけの企画もあります。
ただいまお友だち追加で書籍「ジリ貧パチンコホール復活プロジェクトPDF版」をプレゼント中!

【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。