ジリ貧パチンコホール復活プロジェクト 第4章

■ ジリ貧パチンコホール復活プロジェクト④

Author:林 秀樹 Hideki Hayashi
1972年生まれ、福井県出身。名城大学卒。遊技機販売商社勤務を経てパチンコ店経営企業へ。
エリア総括部長・調整技術部長などを歴任したのち、株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所入社。
2012年、40歳となったことを機に起業。細やかな機械整備技術と正確な計数管理力で、勘や経験に頼らない論理的なホール経営を提唱する。
計数管理とマーケティングに強みを持つ。お問い合わせはこちらから。


ビジネス・業界ランキング
カテゴリ:仕事への取り組み方


本日12月21日、ついに「ジリ貧パチンコホール復活プロジェクト」が発売されました。全国1000店舗以上の書店で購入可能とのことですがやはり大都市の書店中心となるようです。
 
それでは今回も「ジリ貧パチンコホール復活プロジェクト」の内容についてお伝えします。今回は第4章「モチベーションを高めるスタッフ教育」を簡単にまとめました。
 
人財不足はどのホールにとって資金不足と並ぶ大きな悩みごとです。近年は少子高齢化の影響を受けて、パチンコ店だけでなく多くの業界が「人が足りない!」と悲鳴を上げています。
 
例えば地方郊外店では人手不足が深刻です。そういった店舗では「いかに既存のスタッフを成長させるか」がポイントなのはもちろん、「いかに辞めさせないか」も重要な管理点となります。
 
人がなぜ会社を辞めるか、その理由を間違えていてはスタッフの定着は図れないです。
 
「安月給でこんなつらい仕事なんてしていられない」
 
これはよく耳にするフレーズであり、ごく自然な理屈に聞こえますが、人が仕事に向ける気持ちはそんなに単純なものではありません。現場では常に人手不足ということもありいつも少ない人数で仕事をすることになるので、「辞めようとするのは仕事量が給与に見合わないからなので、仕事量に見合う給与に引き上げれば続けるはずだろう。」という図式で考える会社もあります。
 
しかしそれでは足りない要素があるのです。

業務の効率化について調査をした人物にオーストラリア生まれの心理学者エルトン・メイヨーがいます。メイヨーは「従業員の気持ちにアプローチすることで仕事の効率が上がる」ということを発見した人物として知られています。
 
アメリカのウェスタン・エレクトリック社で実験を行った彼は、職場の生産性に大きな
影響を与えるのは環境や報酬ではなく「人間的・社会的なもの」である
ということに気付き、立証しました。
 
当初この実験は以下の仮説を立証するために行われました。
 
・人の生産性や意欲は賃金、労働条件によって変化する
・賃金、労働条件が低いと生産性や意欲は減退し、高いと増進する
 
ところが、実験結果は仮説とは真逆のものでした。
 
従業員の生産性や意欲は賃金や労働条件に影響されるのではなく、むしろ人間関係や個人の労働観に大きく影響されていたのです。
 
重労働や低賃金を理由に辞める人は少なく、多くは「働く意義」が見つからなくなるために職を辞するのです。
 
メイヨーは働く人のモチベーションが職場を監督する人間の言動次第で大きく変わることも明らかにしました。職場で次のようなメリットを感じることができたら、働く人の意欲は大きく高まります。
 
・従業員自身が職場の環境や生産目標の設定に参加できる
・従業員同士がコミュニケーションを取りながら和気あいあいと作業できる
・監督する人が不満や愚痴などの話を聞いてくれる

 
この条件に当てはまるような改善を考えるとするならば、
 
・スタッフの採用に役職者の意見を取り入れる
・定期的に懇親会を開く
・こまめにスタッフと話をする機会を作り、個人的な悩みや愚痴なども聞き取る
 
等となるでしょう。これら3つの対応が定着することで離職は減少し、今までと同じ人員でも人手不足の影響を感じる程度が軽減します。

また、スタッフ教育のためにマニュアルを用意しているお店も多いことでしょう。しかしマニュアルを整備してもなかなか思ったような効果が上がらないと感じているお店も多いはずです。
 
実は、マニュアルを整備しても効果が見られないのは、染みついている「風土」に原因があるのです。長く低稼働状態が続くと「どうせ自分たちは低稼働店舗のスタッフ」という意識が蔓延し、新しく入ったスタッフも先輩たちの考えに染まっていきます。
 
お店にはそれぞれ形成してきた風土が存在します。人は職場のマニュアルやルールに従うのではなく風土に従う生き物であり、上から押しつけられた価値観ではなく、同じ立場の人間たちによって醸成された価値観を重視する性質があります。
 
だからこそ、マニュアルの整備に力を入れるのではなく「良い風土の醸成」に力を入れていかなくてはならないのです。
 
行動には必ず理論的な根拠を求めて、論理的に進めることが必要です。これからは確実に業界のパイが縮まります。今までのように「勘と経験則」、「過去の成功体験」のみの営業は必ず行き詰まります。
 
これから必要なのは「データに基づいた分析と行動」、「論理的な思考と行動」です。「モチベーション管理も、論理的に」です。
 
<了>

 
=======================

最新のP業界お役立ち情報をいち早く確認するためにも、是非、当サイトをお気に入りやブックマークに登録をしておいて下さいね!

 

面白かった、と思った方はポチっとお願いします。


ビジネス・業界ランキング

友だち追加
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社の公式LINE誕生!
リアルタイムで情報発信、LINE公式だけの企画もあります。
ただいまお友だち追加で書籍「ジリ貧パチンコホール復活プロジェクトPDF版」をプレゼント中!

【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。