今ではなく、次。

■ 今目の前ではなく、先を考えよう

Author:林 秀樹 Hideki Hayashi
1972年生まれ、福井県出身。名城大学卒。遊技機販売商社勤務を経てパチンコ店経営企業へ。
エリア総括部長・調整技術部長などを歴任したのち、株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所入社。
2012年、40歳となったことを機に起業。細やかな機械整備技術と正確な計数管理力で、勘や経験に頼らない論理的なホール経営を提唱する。
計数管理とマーケティングに強みを持つ。お問い合わせはこちらから。


ビジネス・業界ランキング
カテゴリ:仕事への取り組み方


今目の前に起こっていること、それはこれまでの取り組みの結果であり、取り組んだ時から「こうなるだろう~」とわかっていたことです。
 
だから、良くない「今」を変えるには過去にさかのぼらないといけないですが、もちろんそんなことはできませんね。
 
そうなると今動くことで変わるのは「未来」ということになります。今、目の前は変えられないからこそ、未来に目を向ける必要があるのです。
 
皆さんは「未来の自分、未来のお店」を想像したことがありますか?今の延長線上ではなく、「こうありたい、こうなっていたい」という理想像です。
 
例えば「1年後に10,000発稼働のお店にしたい」と考えたとします。ところが現実は5,000発です。そうなると自分の理想には5,000発足りないことがわかるので、
 
・なぜ目標に届かないのか?
・何が足りないのか?
・どうすれば到達できるのか?
 
を考えることになります。
上記は「As is-To be分析」といわれる手法で、これは、
 
・現実と未来を見比べて、その違いはどこか?何が足りないのか?
 
をあぶりだす手法です。この例では「稼働10,000」がTo be、「稼働5,000」がAs isとなります。
 
「現実、今目の前」はいろいろな数字を見ることである程度把握できます。客観的な自店の立ち位置なども知ることができるでしょう。
 
そのときに「今のままではダメだ、もっと良くしたい」と思っても、「どんなお店にしたいのか」という理想が定まっていないとどんな努力をすればよくなるのかがつかめないはずです。
 
もしも今、未来のお店の姿を想像せずに毎日の仕事に励んでいたとしたら、もしかしたらその努力は全く役に立っていなかったかもしれませんよ?
 
この「掲げる理想」、描くには注意点があります。それは、
 
・明確に、
・具体的に
・肯定的に
・期限を区切って
 
掲げてください。漠然としないで、前向きな、そして「いついつまでに達成する!」と決めてください。そうすることでダラダラとせずに時間(リミット)を意識した仕事になります。
 
「今、目の前」は過去やってきたことの結果です。
「未来」を変えるためにできること、それは目標、理想を明確にしてそのために動き出すことです。
 
<了>

 
 
面白かった、と思った方はポチっとお願いします。
   ↓

ビジネス・業界ランキング

仕事への取り組み方 記事一覧
 
 
 
 

 

ABC株式会社の【法人セミナー、研修】のご案内

 
「ABC株式会社」では単一企業様でのセミナー、研修を実施しております。
内容については法人様のご意向を踏まえてカスタマイズをさせていただきます。
 

■ 内 容

ご依頼いただきました会社様とのご相談にて決定させていただきます。
※基本の内容は「計数管理」、「業界動向」、「マーケティング」の内容が中心です。
「計数管理研修」は3~5回の連続開催を推奨いたします。
詳しい内容はこちらをご覧ください)
「業界動向セミナー」は随時必要なタイミングでの開催を推奨いたします。
 

■ 時 間

概ね4時間程度いただきます。(休憩時間を含みます)
 

■ 費 用

受講者様お一人様あたり「2万円(税別)、最大20万円(税別)」となります。
※11名様以上の場合、何名様のご受講でも20万円(税別)となります。
 

■ その他

交通諸経費を別途ご請求となります。
 

■ 過去開催内容

・計数管理研修 基礎編、応用編、実践編
・成功事例と失敗事例から見る戦略の有用性
・ぱちんこ経済学
・ぱちんこマーケティング
・現場の対策4つのできること
・低稼働から脱却するために
・業績アップのために考える事
・新規則機、6号機の扱い方
・リーダーシップと人材育成
・その他
 

■ お問い合わせ

弊社代表の「林 秀樹」までご連絡ください。
【メール】 hayashi@ab-c.jpn.com
【ウェブ】 https://www.ab-c.jpn.com/contact.html
【電 話】 (会社)06-4799-9444(携帯)090-8966-0057