未来を創るのは今だ!

■ 今目の前ではなく、先を考えよう

Author:林 秀樹 Hideki Hayashi
1972年生まれ、福井県出身。名城大学卒。遊技機販売商社勤務を経てパチンコ店経営企業へ。
エリア総括部長・調整技術部長などを歴任したのち、株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所入社。
2012年、40歳となったことを機に起業。細やかな機械整備技術と正確な計数管理力で、勘や経験に頼らない論理的なホール経営を提唱する。
計数管理とマーケティングに強みを持つ。お問い合わせはこちらから。


ビジネス・業界ランキング
カテゴリ:仕事への取り組み方


今目の前に起こっていること、それはこれまでの取り組みの結果であり、取り組んだ時から「こうなるだろう~」とわかっていたことです。
 
だから、良くない「今」を変えるには過去にさかのぼらないといけないですが、もちろんそんなことはできませんね。
 
そうなると今動くことで変わるのは「未来」ということになります。今、目の前は変えられないからこそ、未来に目を向ける必要があるのです。
 
皆さんは「未来の自分、未来のお店」を想像したことがありますか?今の延長線上ではなく、「こうありたい、こうなっていたい」という理想像です。
 
例えば「1年後に10,000発稼働のお店にしたい」と考えたとします。ところが現実は5,000発です。そうなると自分の理想には5,000発足りないことがわかるので、
 
・なぜ目標に届かないのか?
・何が足りないのか?
・どうすれば到達できるのか?
 
を考えることになります。
上記は「As is-To be分析」といわれる手法で、これは、
 
・現実と未来を見比べて、その違いはどこか?何が足りないのか?
 
をあぶりだす手法です。この例では「稼働10,000」がTo be、「稼働5,000」がAs isとなります。
 
「現実、今目の前」はいろいろな数字を見ることである程度把握できます。客観的な自店の立ち位置なども知ることができるでしょう。
 
そのときに「今のままではダメだ、もっと良くしたい」と思っても、「どんなお店にしたいのか」という理想が定まっていないとどんな努力をすればよくなるのかがつかめないはずです。
 
もしも今、未来のお店の姿を想像せずに毎日の仕事に励んでいたとしたら、もしかしたらその努力は全く役に立っていなかったかもしれませんよ?
 
この「掲げる理想」、描くには注意点があります。それは、
 
・明確に、
・具体的に
・肯定的に
・期限を区切って
 
掲げてください。漠然としないで、前向きな、そして「いついつまでに達成する!」と決めてください。そうすることでダラダラとせずに時間(リミット)を意識した仕事になります。
 
「今、目の前」は過去やってきたことの結果です。
「未来」を変えるためにできること、それは目標、理想を明確にしてそのために動き出すことです。
 
<了>

 
=======================

最新のP業界お役立ち情報をいち早く確認するためにも、是非、当サイトをお気に入りやブックマークに登録をしておいて下さいね!

 

面白かった、と思った方はポチっとお願いします。


ビジネス・業界ランキング

友だち追加
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社の公式LINE誕生!
リアルタイムで情報発信、LINE公式だけの企画もあります。
ただいまお友だち追加で書籍「ジリ貧パチンコホール復活プロジェクトPDF版」をプレゼント中!

【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。