ABCサイト、本日6周年。

アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社
 アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社
2015年9月3日は、アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社のウェブサイトを立ち上げた日です。

本日、おかげさまでサイト立ち上げ6周年となりました。

■ 書いた、書いた500記事!

500記事
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社を立ち上げたのが2012年12月、当初はウェブサイト運営を考えていませんでしたが、その後、私自身の意見や考え方をもっと発信しようと思ったのがサイト設立のキッカケです。

そこから6年、公開した記事は500記事以上(2021.9.3現在)となりました。そのカテゴリと記事数は以下の通りです。

Amusement Japnan連載 (23)
PiDEA (67)
お知らせ (33)
セミナー (17)
その他 (23)
パチ盛り (14)
マーケティング塾 (42)
仕事への取り組み方 (64)
営業戦略 (83)
新型コロナウイルス関連 (38)
書籍 (8)
業界動向 (25)
計数管理 (42)
遊技機 (14)
顧客管理 (8)

実際は削除している記事もあるので違いますが、現存しているもっとも古い記事は「40個・8枚交換の未来と可能性」というものです。

~前略~

「名より実を取る」(売上、稼働よりも利益を求める)とするならば、十分検討の余地がある営業といえます。今回の事例のダイナム太田店は改装前と後で客数が増えてはいませんが、「減らなかった」という事実が厳しい営業を続けている低稼働店舗の今後に向けてヒントにになるかもしれません。
40個・8枚交換 の未来と可能性(1))(2016.1.16)

~後略~

約5年半前の記事ですね。
結局その後の業界の趨勢では低交換率を選択する事例はないに等しく、この記事のシメにあった「低稼働店舗営業のヒントになるかもしれない」は全くそうなっていません。

この記事の結論は全くの的外れと言われてその通りですが私はあえてこの記事を削除せずに残しています。その意図は、
・日付を明記し「この時にはこう考えていた」ということを示す
・そうならなかった理由を考える契機にする
ということです。

その他にも未来を予測しながらそうならなかった記事もありますが、それらもしっかりと残すようにしています。

■ 一貫してお伝えしていること

一貫してお伝えしていること
現状公開している記事は500とちょっとあり、そこで私が一貫してお伝えしていること3つがあります。

1.入替とイベントに頼らない(もはや頼れない)
2.基本に忠実な王道営業を志向する
3.利益と稼働は両立できる

初めてパチンコを打ってから30年、
パチンコ業界に入って26年、
コンサルタントになって14年、
ABCを立ち上げて9年、
ウェブサイトを立ち上げて6年。

この間いろいろなことがありました。
それでもパチンコ店の営業の方向性、すべきことは変わらないです。

これからもその時その時に感じたこと、考えることを発信していきたいと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。

2021年9月3日 
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社
代表取締役  林 秀樹

林 秀樹

【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。