2021年6月1日、パチ盛りは1周年を迎えました

■ おかげ様で パチ盛り は1年

パチ盛り
2020年6月1日、パチンコを盛り上げるオンラインサロン”パチ盛り”が産声を上げました。

当時は新型コロナウイルスによる(1回目の)緊急事態宣言が明け、世の中には「さあ、これから!」という機運が高まっていた時であり、また「新しい時代」ということでオンライン、リモート業務への注目も集まっていた時です。

そんな「新しい時代」に向けて、まさにその新しい時代のスタート時にパチ盛りは誕生しました。

■ パチ盛り の構想スタートは2019年秋


「パチ盛り」の構想が生まれたのは意外に早く、2019年の秋です。
いまも共同で代表を務めるTMコンサルティングの宮垣さんと私(林)が、
・中小や地方のパチンコ店が情報ももっとリアルタイムで情報を得るべき
・逆に発信もできるといいはずだ(“声”はあるはずだ)
・そのためのプラットフォームが必要だ
ということで意見が一致、当初はありがちなFAXやメール配信を考えていました。

ただし宮垣さんはその時すでに「オンラインサロン」が頭の中にあったそうです。宮垣さんはその頃すでに(というか、何年も前から)オンラインサロンに複数入会しており、またWeb3.0=ブロックチェーンも熟知していました。

私は、というと全くそのあたりの事情に疎く、
・パチンコは実際の来店が必要な業種であり、オンラインは馴染まない
と考えていました。

それから時は過ぎ2020年2月、突如として「パチンコ業界初のオンラインサロン」が発表されます。ご存じ、未来ラボさんです。

「オンラインサロン、できましたね!」
「パチンコ業界でもニーズはありそうじゃないですか!」

すぐに私は宮垣さんに連絡をしました。すると宮垣さん、

「そうでしょ?当り前じゃないですか。」
「もう、用意はできていますよ。あとは林さんが動くだけです。」

実は宮垣さん、動きの遅い私に内緒ですでにオンラインサロンのプラットフォームを用意していたのです。

「あとはコンテンツを用意して、拡散(発信)するだけです。」

そこからスピードは素早く、プラットフォームとおおよそのコンテンツは3月中に出来上がりました。しかしいかんせん2人ではマンパワーが足りません。

「2人じゃ無理でしょ?」
「共同運営がいるよね?」

そこで宮垣さんと私の知り合いで「この人なら!」という面々に声をかけ、皆さん「一つ返事」で参加してくれることになったのです。

・スネイクさん
・池野さん
・徳山さん
・ひらたいらさん

以上の4名を加えた6名でコンテンツや役割を確認し、そして2020年6月1日にパチ盛りはスタートしました。

ちなみにE太郎さんはやや遅れての参加です。

■ 進化するパチ盛り


「パチンコを盛り上げる」がビジョンのパチ盛り。パチンコが注目され盛り上がるなら何でもする、これが信条です。メンバーが「これ、やりたい」と考えたことは、パチンコを盛り上げることにつながるなら何でも即実行です。

・YouTube対談
・Twitter
・ツイキャス
・プレゼント企画
・コラボ

パチンコが盛り上がるならどんなことにもチャレンジ。その姿勢は時に批判され、時に嘲笑も受けました。それでもビジョンがあるので気にしません。「笑いたい奴は笑わせておけばいい、逆に笑ってやるよ!」と、運営はまったく意に介していないです。

とはいえマジメな面もあります。
サロン内の改革や情報発信姿勢、目指すべきビジョンへのアプローチについては日々喧々諤々の議論。「遊びに、マジメ」とは某パチンコメーカーのキャッチコピーですが、まさにパチ盛りも「楽しさに、マジメ」です。

つい先日は1周年感謝セミナーをオンラインで行いました。
今後も新しいアプローチを続け、進化し続けるパチ盛りであり続けます。

■ これからのパチ盛り


2021年6月1日、パチ盛りは1周年を迎えました。

・中小、地方の活性化
・中央の大きな声ではなく地方の小さい声を発信する
・パチンコを盛り上げる

改めて、これがパチ盛りのビジョンです。

当面の目標は2022年、会員1,000名。
サービス開始1年の現在はイノベーター理論でいうところの「イノベーター&アーリーアダプター=16%」であり、この現在の会員数なら決して不可能ではない、と考えています。

また「ネットワーク外部性」という考え方では「利用者が増えれば増えるほど価値が高まる」とされており、会員数の増加はいまの会員さんにとってさらに価値を高めることにつながります。

だからこそ、パチ盛りは会員さんの増加を目指します。

■ 2年目が始まります。


走り始めたときはとにかくガムシャラ、1年後など全く見えていませんでした。
しかし今は1年後、3年後、5年後、そして10年後とその先も見えています。

「パチンコを盛り上げる」、このシンプルなビジョンを実現するために、パチ盛りは2年目も走り続けます。

「パチ盛りのことがちょっと気になるな?」という方はこちらをご覧くださいね!
パチ盛り公式ウェブサイト→https://pachimori.squares.net/
(`・ω・´)

またABCサイト内のパチ盛り関係コラムはこちらをご覧ください。
https://www.ab-c.jpn.com/category/pachimori

【コロナ禍を勝ち抜く】稼働と利益を両立させる思考と行動【相談無料】

・稼働を上げようとすると利益が減る
・利益を上げようとすると稼働が下がる

こう考えていませんか?そんなことは無いです。稼働と利益は両立できます。

必要なのは「論理的な思考」と「マーケティング」。イベントや新台入替には頼らないABCの営業支援はお店の足腰を強くします。