代表プロフィール


ビジネス・業界ランキング

代表者プロフィール


林 秀樹(はやし ひでき)
アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社 代表取締役

■ 生年月日
1972年12月25日(47歳)

■ 出身地
福井県福井市

■ 血液型
AB型

■ 学歴
福井県私立北陸高等学校 卒業
名城大学法学部法学科 卒業

■ 職歴
大学卒業後名古屋市の遊技機販売商社に入社し、名古屋本社、横浜営業所にて遊技機販売の営業職として3年間勤務。その後長野県松本市のパチンコ店経営企業に転職し10年間、遊技機管理および店舗責任者、のちエリア責任者として勤務する。
 
2006年、「新しい視点でパチンコ業界にかかわりたい」との想いを持ち、株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所に入社。大阪支社勤務を経て2012年に独立し現在に至る。

■ 所属
伊丹商工会議所
日創研北大阪経営研究会
BNIキラキラチャプター
一般社団法人P&Mアカデミー関東 講師(データ管理)
NPO法人P&Mアカデミー関西 講師(データ管理)

■ 執筆、著書
〇 月刊アミューズメントジャパン
・2008年8月号
「中古期有効活用のポイント」
・2008年10月号~11月号
「基本を学ぶアカデミー’08」
・2009年10月号~11月号
「基本を学ぶアカデミー’09」
・2010年10月号~11月号
「基本を学ぶアカデミー’10」
・2010年10月号~11月号
「基本を学ぶアカデミー’11」
・2019年6月~
「基礎から再確認、計数管理」
(※全16回予定)

〇 月刊プレイグラフ
・2008年1月号~6月号
「計数管理 基礎編」(全6回)
・2010年1月号~6月号
「計数管理 基礎編」(全6回)
・2011年1月号~6月号
「計数管理 実践編」(全6回)

〇 遊技通信
・2008年1月号
「数字に強くなるために」
・2008年2月号
「マーケティングの基本」
・2008年3月号
「営業の基本」

〇 全日遊連会報 遊報
・2012年3月号~12月号
「パチンコ店の営業で必要な事」
(全10回)

〇 PiDEA WEB
・2014年12月~
「ド底辺ホール復活プロジェクト」
(2019.5.25現在216週目、継続中)

〇 株式会社幻冬舎
・書籍
「ジリ貧パチンコホール復活プロジェクト」出版(2016.12)

■ セミナー、講演実績
・2015年6月 ㈱クロスセミナー
「事例から見る戦略の有用性」
・2015年8月 ㈱クロスセミナー
「ぱちんこ経済学」
・2016年5月 ㈱クロスセミナー
「現場の対策4つのできること」
(TKC高橋正人氏共同開催)
・2016年10月 綜合ユニコム
「計数管理」
・2016年10月 パチ元会
「低稼働から脱却するために」
・2017年2月 エース電研セミナー
「業績アップのために考える事」
(5都市8会場で開催)
・2018年4月 ㈱クロスセミナー
「四国の皆様に情報を」
(㈱ライム大川氏、
㈱アトラクト松本氏、
㈱ユニークワークス上田氏)
・2017年6月 綜合ユニコム
「計数管理」
・2017年10月 綜合ユニコム
「低稼働からの脱却のために」
・2017年12月 綜合ユニコム
「計数管理」
・2018年2月 綜合ユニコム
「計数管理」
・2018年7月 綜合ユニコム
「計数管理」
・2018年10月 ㈱エース電研展示会
「新規則機、6号機の扱い方」
・2019年3月 ㈱サン電子PrimeAI
「消費税増税まで待ったなし」
(TKC高橋正人氏、
サン電子長谷川氏)
・2019年5月 綜合ユニコム
「計数管理」

その他個別企業でのセミナー、研修実施実績多数
 
■ 支援実績
・東北地方 A店(200台)
売上総利益140%、稼働維持
・関東地方 B店(400台)
売上総利益150%、稼働120%
・関西地方 C店(350台)
売上総利益維持、稼働120%
・中部地方 D店(400台)
売上総利益200%、稼働維持
・中国地方 E店(240台)
売上総利益150%、稼働120%

その他、中小規模店舗での利益改善、稼働向上の支援実績多数


 

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
ご不明点やご相談などございましたら、お電話または下記のお問合せページよりお気軽にお問合せください。


ビジネス・業界ランキング
 



お気軽に無料相談・お問合せをご利用ください。
お電話でのお問い合わせはこちらです。
 
06-6743-4354

 

受付時間:10:00~17:30
定休日 :土曜・日曜・祝日
 
お気軽にお問い合わせください。
 

 
 
■ よくあるご相談
・営業計画の未達を解決したい
・稼働を落とさずに利益を増やしたい
・コンサルティングの進め方を聞きたい
・若手社員の教育は何をすればいいのか
・入替に頼らない手法とは